1043円 Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 リード/ビジョン 1989/1993-1994年用 車&バイク バイクパーツ バイク駆動系パーツ トランスミッション,ファイナル,Artudatech,1989/1993-1994年用,vtpublichistory.org,ベルト,/reagency1579852.html,NH80,1043円,ドライブ,車&バイク , バイクパーツ , バイク駆動系パーツ,リード/ビジョン Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 1993-1994年用 ビジョン リード 大好評です 1989 Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 1993-1994年用 ビジョン リード 大好評です 1989 1043円 Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 リード/ビジョン 1989/1993-1994年用 車&バイク バイクパーツ バイク駆動系パーツ トランスミッション,ファイナル,Artudatech,1989/1993-1994年用,vtpublichistory.org,ベルト,/reagency1579852.html,NH80,1043円,ドライブ,車&バイク , バイクパーツ , バイク駆動系パーツ,リード/ビジョン

Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 1993-1994年用 ビジョン リード 大好評です 1989 新色

Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 リード/ビジョン 1989/1993-1994年用

1043円

Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 リード/ビジョン 1989/1993-1994年用

商品の説明

特徴:
-優れたフィット感、パフォーマンス、耐久性を実現するように設計されています。OEMベルトのパフォーマンスを満たす、または超える厳格な仕様に合わせて設計および製造されています。
-これらの高性能ベルトは、最大の動力伝達と優れたクラッチ/バリエータートルクマルチプライヤー応答を提供します。
-クラッチの再キャリブレーションなし-極端なトルク条件下でのスリップを最小限に抑えながら、ベルトシフト曲線とプーリー速度比を一致させます。
-取り付け時に必要なゼロクラッチ/バリエータースプリングまたはフライウェイト調整。マシンのパフォーマンスを向上させるためにCVTシステムを調整しました。
-丸みを帯びたインナーコグ構造により、ベルトの柔軟性が向上し、クラッチプーリーのインテークとアウトフィードが改善され、CVTの操作がスムーズになります。
-モデル固有の台形の一流設計により、クーラーベルトおよび一次/二次クラッチ操作の熱放散が改善されます。
-プロフェッショナル取り付けを強くお勧めします。取り付け手順は含まれていません。

仕様:
状態:アフターマーケット100%新品
素材:アラミド繊維
タイプ:ドライブベルト
数量:1個
寸法(円周*幅*厚さ):745 x 15 x 8.5(mm)

参照部品番号:
23100-GC8-004
23100-GC8-641

適用車種:
ホンダNH80リード1989 / 1993-1994に適合
ホンダNH80ビジョン1993-1994に適合

(互換性チャートは参照用です!!!)
(故障したユニットと、装備を決定するために提供した画像と比較してください)

パッケージ内容:
1xドライブベルト

注意:
この部分はオリジナルの部分ではなく、アフターマーケットの部分であることに注意してください。
ご購入前に、バイクに合うかどうかの詳細とサイズをご確認ください。
ベルトが異常な状態で使用された場合、当社はその責任を負いません。
(レースや競技会、不適切な取り付け、位置合わせ、アプリケーションクラッチケースのシーリング、けん引、またはクラッチの状態不良の場合を含みますが、これらに限定されません。)

Artudatech ファイナル ドライブ トランスミッション ベルト NH80 リード/ビジョン 1989/1993-1994年用

このサイトについて

優れたUXを提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

ここでは、市場調査やユーザビリティ調査の手法・コツ、調査から得られた知見を紹介します。

このサイトについての詳細

定性的ユーザビリティ調査の数値が信用できない理由

ニールセン博士のAlertbox (10月26日)

地政学的HCI

黒須教授のユーザ工学講義 (10月19日)

リアルの世界とバーチャルの世界

黒須教授のユーザ工学講義 (10月5日)

国際的なユーザビリティテスト:必要な理由

ニールセン博士のAlertbox (9月30日)