6160円 ReUdo 直管形LED蛍光灯40形(120cm) 昼光色(6000K) 18W 2100ルーメン RE-FL120-18 (10本セット) ホーム&キッチン 家電 照明 ReUdo 大幅にプライスダウン 直管形LED蛍光灯40形 120cm 昼光色 6000K 18W 10本セット 2100ルーメン RE-FL120-18 6160円 ReUdo 直管形LED蛍光灯40形(120cm) 昼光色(6000K) 18W 2100ルーメン RE-FL120-18 (10本セット) ホーム&キッチン 家電 照明 6160円,ホーム&キッチン , 家電 , 照明,昼光色(6000K),18W,/lissomeness1690464.html,RE-FL120-18,ReUdo,2100ルーメン,直管形LED蛍光灯40形(120cm),(10本セット),vtpublichistory.org ReUdo 大幅にプライスダウン 直管形LED蛍光灯40形 120cm 昼光色 6000K 18W 10本セット 2100ルーメン RE-FL120-18 6160円,ホーム&キッチン , 家電 , 照明,昼光色(6000K),18W,/lissomeness1690464.html,RE-FL120-18,ReUdo,2100ルーメン,直管形LED蛍光灯40形(120cm),(10本セット),vtpublichistory.org

ReUdo 大幅にプライスダウン 直管形LED蛍光灯40形 120cm 昼光色 6000K 18W アイテム勢ぞろい 10本セット 2100ルーメン RE-FL120-18

ReUdo 直管形LED蛍光灯40形(120cm) 昼光色(6000K) 18W 2100ルーメン RE-FL120-18 (10本セット)

6160円

ReUdo 直管形LED蛍光灯40形(120cm) 昼光色(6000K) 18W 2100ルーメン RE-FL120-18 (10本セット)


商品の説明

グロー(点灯管)式蛍光灯器具でのご利用方法

グロー(点灯管)式の蛍光灯器具では、グロー球(点灯管)を取り外すだけで、既存の一般蛍光灯から本製品へ交換して使用できます。

【重要】グロー球を付けたまま本製品を点灯しますと、本製品もしくは蛍光灯器具が故障しますので、必ず外して下さい。

安定器はそのまま取り付けていても使用上の問題はありませんが、安定器をバイパスする配線工事を行いますと、さらに安定器が消費する電力も削減できます。

【ご注意】グロー球とナツメ球は違います

グロー球(点灯管)とナツメ球(常夜灯)は似ていますが、全く違うものです。

本製品をグロー式蛍光灯器具でご利用になる場合は、必ずグロー球を取り外してください。
ナツメ球を取り外す必要はありません。

グロー球が付いていない蛍光灯器具で本製品をご利用になる場合は、下の「ラピッドスタート式およびインバータ式蛍光灯器具でのご利用方法」をご参照下さい。

ラピッドスタート式およびインバータ式蛍光灯器具でのご利用方法(直結配線工事)

グロー球のないラピッドスタート式およびインバーター式蛍光灯器具で本製品をご利用になるには、安定器をバイパスする直結配線工事が必要です。

【ご注意】工事を行わずに点灯しますと、本製品もしくは蛍光灯器具が故障しますので、必ず工事を実施してからお使い下さい。
配線工事は、必ず電気工事士の資格を持つ方が行って下さい。

本製品は両側給電タイプです。

特徴、仕様、保証

本製品は、口金部の最大管径が33mmで、一般蛍光灯よりも少し太くなっています。防水カバー付の灯具などへのご利用をお考えの場合は、事前に寸法をご確認下さい。

・動作保証温度-10℃〜+40℃(室内専用、屋外や湿度の高い環境では使用不可)

・厳しい環境試験を中国の製造工場と日本国内の両方で実施

・自社検査ルームで「積分球システム(全光束)」を使用し、設計試作段階から性能確認

・量産品は、製造毎ロットごとに日本国内で品質検査を実施

ReUdo 直管形LED蛍光灯40形(120cm) 昼光色(6000K) 18W 2100ルーメン RE-FL120-18 (10本セット)

マイナビニュース 公式SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
メールマガジン

ご興味に合わせたメルマガを配信しております。
企業IT、テクノロジー、PC/デジタル、
ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの5種類を用意。

無料登録はこちら

マイナビニュースについて

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリーまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。